ピエゾフィルムセンサ

超音波トランスデューサ

NDT1-220Kは柔軟性があり汎用用途に適した超音波トランスデューサです。中心周波数は3MHzで、1.3と非常に低いQファクタを持っています。丈夫でしかも柔軟性があるため、パイプやタンクの壁面などの同心円状の貼付面にもよく適合します。

 

用途:
・壁を通しての液体の有無検出
・厚み測定(個体、弾性体)
・底部からの液体のレベル測定
・音の伝播速度測定
・いたずらの検出、など

 

■特長
・広帯域、低Qファクタ
・液体、ポリマーへの優れた音響マッチング
・低インピーダンス(標準30〜100Ω)
・軽く、丈夫で柔軟性に富む材質
・平面、曲面にフィット
・低価格、使い捨てタイプ

  

カタログダウンロード(PDF)
お問い合わせはこちら
 
超音波トランスデューサ
 

 

 
 
 

基本仕様

項目 値(@25℃) 単位 条件
静電容量 670 pF @1 kHz
中心周波数 3 MHz PMMA貼付時
下限周波数(-6 dB) 1.7 MHz -
上限周波数(-6 dB) 4.0 MHz -
Qファクタ 1.3 - -
インピーダンス 100 Ω 中心周波数
厚さ 300 um 図C領域
 
超音波トランスデューサ
 
型番 シート部寸法(mm) 電極部寸法(mm) 製品番号
A C B D
NDT1-220K 17 140 12 30 1005935-1
 
  • お問い合わせフォーム